お客さま本位の業務運営方針・KPI

株式会社保険アドバイザーでは、「常に感謝の気持ちを忘れずに行動し、お客さまの立場に立った究極の購買代理店に徹する。」を経営理念に掲げております。常にお客さまの立場になって考え、社員一人一人の豊かな知識・経験を持ってお客さまのご意向に沿った商品やサービスをご提供し続けていく代理店を目指し以下の方針を定めます。

1. お客さまの最善の利益の追求

丁寧な説明を心がけ、意向把握・確認を十分に行い、最適な補償を提案いたします。

[取り組み]

・ お客さまのご意向の把握・確認及び情報提供を適正におこない、お客さまに最適な商品を提案いたします。

2.利益相反の適切な管理

お客さまの利益が不当に損なわれることのないようご契約を適切に管理し、ご意向の変更、商談内容等を適切に記録し保存いたします。

[取り組み]

・ ご意向チェックシートの記録・保存、お客さま対応記録の作成・保存いたします。

3.重要な情報の分かりやすい提供

商品内容やリスク内容等の重要な情報をお客さまに寄り添い、分かりやすい言葉や方法でご説明いたします。

[取り組み]

・ より良い情報提供の為、「お客様の声 受付簿」を備え付け、様々なお客様の声を収集、改善いたします。

KPI参照(1:お客様の声)

・ ご高齢者のお客さまに対しては、当社社員による複数回によるご説明の実施や必要に応じてご家族に同席いただくなど冷静にご検討をいただける環境を整えます。

・ 当社員の説明スキル(能力)を定期的に検証し、課題を改善いたします。

4.お客さまにふさわしいサービスの提供

お客さまの年齢、資産状況、経験、知識、目的、ご意向を適正に把握しお客さま一人ひとりにふさわしい保険商品のご提供に努めます。

[取り組み]

・ 満期のお客様が安心して継続できるよう、早期に更新手続きが完了するようにいたします。

KPI参照(2:早期更改率)

・ ご意向チェックシートを作成し、提案している商品がお客様のご意向

・ ニーズに沿うものか、当初のご意向と提案内容に相違がないことを確認します。

・ 損保ジャパン社が定める「安心行動基準」を当社の行動の基本といたします。

5.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

損害保険および生命保険の募集に関し必要な知識を身につけるための従業員教育・面談を実施することで、お客さま満足度の維持・向上に努めてまいります。

[取り組み]

・「総合教育」毎週一回、保険会社との打ち合わせ

・ 教育機会の提供により、総合的な一次選択技術

・ ロスプリ(事故防止)スキル・リスクマネジメント知識を教育します。

KPI参照(3:損害率)

・「人財教育」 年間スケジュールに沿って、コンプライアンス研修、スキルアップ研修、ロープレ研修をおこないます。

・「個人面談」 四半期ごとに経営者と社員が「目標面接シート」を使用して個人面談をおこない、評価、課題を相互に共有し、さらなる動機づけをはかります。

 

取り組み成果(KPI)

株式会社保険アドバイザー(以下、「当社」)は、2018年4月に「お客様本位の業務運営方針」を定め、お客様本位の業務運営に取り組んできました。 今般、当社「お客様本位の業務運営方針」に基づく取組状況を測る指標(KPI*1)を選定・公表しましたのでお知らせします。

なお、当方針に基づく取組状況を測る指標(KPI)については、今後定期的に公表するとともに、当方針および指標(KPI)については、必要に応じて見直しや改善を図りより一層のお客様本位の業務運営をめざします。

 

1:お客様の声   集積数 73件   

  調査期間(2020年8月1日~2021年7月31)

2:早期更改率   92% (905件/984件)   

  調査期間(2020年8月1日~2021年7月31)

3:損害率

  調査期間(2020年8月1日~2021年7月31)

 損害率事故率
自動車39.60%2.80%
火 災41.20%
傷 害10.80%
所 得6.90%
賠 責22.00%

※ストップロス・会社指定の広域災害に伴う支払い保険金等も含まれます。  

*1 KPIとはKey Performance Indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための重要業績評価指標のことです。