海外旅行保険・留学保険の損保ジャパン日本興亜代理店 株式会社保険アドバイザー

<保険代理店> 株式会社保険アドバイザー

海外旅行総合保険「留学生向けプラン(留学保険)」

留学生向けプラン(留学保険)

海外留学中のちょっとしたケガ・病気から大きな事故まで、
損保ジャパン日本興亜の「留学生向けプラン(留学保険)」がサポートします

損保ジャパン日本興亜の「留学生向けプラン(留学保険)」は、勉学、研修および技術修得を目的として海外の学校に留学する留学生向けの商品です。渡航期間が32日以上からご加入ができ、最長2年までの契約が可能なので長期留学にも最適です。

こんな方におすすめです

  • 留学先やアパートやマンションを借りて滞在される方
  • 扶養者に万一のことがあった場合でも留学がつづけられるよう備えておきたい方

こんな時に役に立ちます

  • お店の商品を壊したり、アパートの部屋を水浸しにした場合
  • アパート内の家財を盗まれたり、カメラを落として壊した場合
  • 留学生の扶養者が事故により死亡または重度後遺障害となった場合

3つの特約で安心をバックアップ!

アパートでの失火・家財の盗難など、一般の海外旅行保険では補償されない、留学生活中に想定されるリスクをカバーする3つの特約「留学生賠償責任」「留学生生活用動産」「留学継続費用」で留学生のさまざまな不安を解消します。

留学生専用の特約とは

特約セット時の注意事項

医療アシスタンスサービス

旅行先でキャッシュレスで治療が受けられるので、病気やケガの際も安心。
また、24時間365日、日本語でご相談いただけます。

損保ジャパン日本興亜の医療アシスタンスサービスは、手厚い補償だけではありません。現金がいらない「キャッシュレス治療サービス」や、万が一のときには日本語で相談が可能な損保ジャパン日本興亜・海外メディカルヘルプラインなど、うれしいサポートが充実しています。

「医療アシスタンスサービス」 3つのポイント

病気・ケガの場合、旅先でも現金不要で治療が受けられます。

海外旅行先で病気やケガで治療を受けた場合、治療費が高額になることがあります。キャッシュレス治療サービスでは、治療費は損保ジャパン日本興亜から病院に直接支払われるため、お客さまが現金でお支払いする必要がありません。またキャッシュレス治療サービスを利用することのできる病院への連絡も、損保ジャパン日本興亜・海外メディカルヘルプラインが行います。

24時間 日本語対応で、病院の予約や通訳の手配を行います

24時間日本語での対応で、病院の予約や通訳の手配をします。

「医療アシスタンスサービス」の内容

サービス サービス内容
病院/医師の紹介・予約 お客さまの病状、滞在地、診察希望時間帯にあわせて、病院/医師を紹介・予約します。また、宿泊施設に滞在中で緊急の場合は、宿泊施設のフロントと連絡をとり、往診手配・救急車手配をします。
医療通訳サービス ケガや病気で医師の治療を受けられる場合、必要に応じて、電話による医療通訳サービスを行います。
治療経過管理 通院して受診された場合、その後のお客さまの回復状況をチェック・治療内容確認・フォローします。入院の場合は、適切な治療がなされているかを主治医と定期的にコンタクトし、チェックします。
ご家族の救援者へのサポート お客さまが入院された場合、病院へ駆けつけるご家族の渡航のお手伝いをします。
緊急移送手配 事故現場への救急車・救急ヘリ・緊急医療チームの派遣手配、チャーター機・付き添い医師/看護師の手配、移送先となる最寄り先進国の受け入れ病院の手配をします。
退院後の帰国手配 帰国便の手配をします。日本の病院へ移る場合、航空会社への患者搭乗手続きを行います。また、主治医の指示に基づく付き添い医師/看護師の手配をします。
遺体送還手配 お亡くなりになった場合、ご遺体の現地火葬手配や、ご遺体の日本への送還手配をします。

事故相談サービス

病気・ケガ以外の事故でお困りのサポートも充実。持ち物が盗まれてしまったときの届け出先やその方法のアドバイスなども行っています。

「事故相談サービス」 3つのポイント

盗難・賠償事故などにあった場合、すぐにアドバイスします

病気・ケガ以外で、持ち物が盗まれてしまった・他人のものを壊してしまい賠償しなければならなくなったなどの事故でお困りのときは、保険契約証などをお手元にご用意のうえ、ご連絡ください。

「事故相談サービス」の内容

サービス サービス内容
携行品の盗難・破損事故 携行品が盗まれてしまった場合の警察等への届け出方法のアドバイスや、必要書類のご案内をします。なお、長く滞在をされていて現地に銀行口座をお持ちの方が、現地から保険金を請求し、受取をされる場合は、書類の受付および保険金のお支払いをします。
賠償責任事故 他人をケガさせてしまった、他人のものを壊してしまったなどで賠償が必要となった場合、相手の方との話し合い(示談交渉)に関するアドバイスや、必要書類のご案内をします。
  • 示談交渉サービスはありません。相手の方との示談につきましては、ご相談いただきながら被保険者ご自身で交渉をすすめていただくことになります。
  • 長く滞在をされていて現地に銀行口座をお持ちの方が、現地から保険金を請求し、受取りをされる場合は、書類の受付および保険金のお支払いをいたします。
保険契約内容の確認 保険契約証等の見方のご説明や、ご契約されている保険の金額がどれくらいなのかわからないという場合、ご契約内容の確認をします。
保険金請求方法案内 保険金のご請求に関する様々なご相談、必要書類のご案内をします。

携行品キャッシュレス・リペアサービス

ご旅行中の事故で破損したお客さまのスーツケース・カメラ・デジタルカメラ・ビデオカメラ・ノートパソコンの修理に際し、引取りから修理、納品までを損保ジャパン日本興亜指定の修理会社で行うサービスです。修理代金は損保ジャパン日本興亜から直接保険金として指定修理会社へお支払いしますので、お客さまに修理代金を立て替えていただく必要はありません。

留学生専用プラン 保険料表

ご契約タイプ(59歳以下の方用)

ご契約タイプ S82 S83 S84 S85 K83 K84
傷害死亡・後遺障害 1億円 5,000万円 3,000万円 1,000万円 500万円 -
治療・救援費用 無制限 無制限 3,000万円 無制限 2,000万円 1,000万円
疾病死亡 3,000万円 2,000万円 2,000万円 1,000万円 500万円 -
航空機遅延 2万円 2万円 2万円 2万円 2万円 2万円
保険期間 保 険 料
32日から34日まで 24,580円 19,990円 15,760円 16,180円 12,470円 11,200円
39日まで 28,850円 23,810円 18,840円 19,620円 15,160円 13,680円
46日まで 35,570円 29,700円 23,570円 24,810円 19,200円 17,390円
53日まで 43,340円 36,530円 29,060円 30,850円 23,900円 21,710円
2か月まで 52,190円 44,330円 35,350円 37,760円 29,290円 26,650円
3か月まで 72,800円 62,140円 49,640円 53,210円 41,280円 37,590円
4か月まで 104,750円 89,860円 71,910円 77,360円 60,020円 54,720円
5か月まで 134,960円 115,900円 92,810円 99,880円 77,490円 70,630円
6か月まで 164,400円 141,130円 113,040円 121,560円 94,290円 85,900円
7か月まで 192,320円 164,790円 131,970円 141,630円 109,780円 99,930円
8か月まで 219,450円 187,750円 150,360円 161,070円 124,790円 113,510円
9か月まで 248,390円 212,360円 170,070円 182,030円 141,000円 128,200円
10か月まで 281,090円 240,730円 192,850円 206,750円 160,210円 145,750円
11か月まで 313,980円 271,550円 217,880円 235,810円 183,080円 167,180円
1年まで 350,740円 306,750円 246,530円 269,680円 209,860円 192,410円
2年 701,480円 613,500円 493,060円 539,360円 419,680円 384,820円

1年を超えるご契約において保険料表に記載のない保険期間(1年6か月等)の保険料につきましては、お問い合わせください。

留学生専用特約(留学生賠償・留学生生活用動産)

ご契約例1 ご契約例2
留学生賠償 1億円 5,000万円
留学生生活用動産 50万円 50万円
保険期間 保 険 料
32日から34日まで 7,950円 7,870円
39日まで 8,700円 8,610円
46日まで 9,460円 9,360円
53日まで 10,220円 10,120円
2か月まで 10,970円 10,860円
3か月まで 13,620円 13,480円
4か月まで 16,640円 16,480円
5か月まで 19,280円 19,090円
6か月まで 21,940円 21,720円
7か月まで 24,580円 24,330円
8か月まで 27,250円 26,970円
9か月まで 29,890円 29,580円
10か月まで 32,530円 32,200円
11か月まで 35,180円 34,830円
1年まで 37,820円 37,440円
2年まで 75,650円 74,890円

1年を超えるご契約において保険料表に記載のない保険期間(1年6か月等)の保険料につきましては、お問い合わせください。

保険始期時点で(被保険者の)年齢が59歳以下の方を対象としています。60歳以上の方は、お問い合わせください。

補償内容のご説明

保険金種類 保険金をお支払いする主な場合 保険金をお支払いできない主な場合
留学生賠償責任保険金

責任期間中に発生した住宅の所有・使用・管理または日常生活(住宅および住宅以外の不動産の所有・使用・管理を除きます。)に起因する偶然な事故により、他人にケガを負わせたり、または他人の財物を壊したりもしくは紛失したりしたこと等によって、法律上の賠償責任を負った場合に、損害賠償金および費用(訴訟費用等)の合計金額をお支払いします(免責金額はありません。)。ただし、1回の事故につきお支払いする損害賠償金は、留学生賠償責任保険金額を限度とします。

  • 被保険者が責任無能力者の場合で、その責任無能力者の行為により親権者等が法律上の損害賠償責任を負ったときも損害賠償金をお支払します。
  • 賠償金額の決定には、事前に損保ジャパン日本興亜の承認を必要とします。
  • 故意
  • 戦争、その他の変乱(テロ行為を除きます。)、核燃料物質等
  • 被保険者の親族に対する損害賠償責任
  • 被保険者の職務遂行またはアルバイト業務の遂行に起因する損害賠償責任
  • 心神喪失に起因する損害賠償責任
  • 航空機、船舶※1、車両※2、銃器※3の所有、使用または管理に起因する損害賠償責任
  • 被保険者が所有、使用または管理する財物の破損・汚損について、その財物について正当な権利を有する者に対して負担する損害賠償責任(宿泊施設のルームキー、賃貸業者から借りた旅行用品または生活用動産は除きます。)

など

  • 原動力がもっぱら人力であるもの、ヨットおよび水上オートバイを除きます。
  • 原動力がもっぱら人力であるもの、ゴルフ場の乗用カートおよびレジャーを目的として使用中のスノーモービルを除きます。
  • 空気銃を除きます。
留学生生活用動産保険金

責任期間中に保険の対象が盗難・破損・火災等の偶然な事故により損害を受けた場合、保険の対象1つ(1個、1組または1対)あたり10万円(保険の対象が乗車券等である場合は合計して5万円)を損害額の限度として、時価額または修繕費のいずれか低い額をお支払いします(免責金額はありません。)。ただし、同一保険年度内の事故による損害に対して、留学生生活用動産保険金額を限度とします。

  • 保険の対象とは、バッグ、カメラ、時計、衣類、旅券等、被保険者が責任期間中に携行する、または留学のために宿泊施設もしくは居住施設(その宿泊施設もしくは居住施設の敷地内の動産および不動産を含みます。)に保管する被保険者所有の物または旅行前に旅行のために無償で借り入れた物をいいます。ただし、携行しない別送品および下記のものは保険の対象に含まれません。

    ◇現金、小切手 ◇クレジットカード、自動車・原動機付自転車以外の運転免許証、定期券 ◇コンタクトレンズ、義歯 ◇船舶、自動車、原動機付自転車◇動物、植物 ◇稿本、設計書 ◇商品もしくは製品等 ◇データ、ソフトウェアまたはプログラム等の無体物 ◇危険な運動(ピッケル等の登山用具を使用する山岳登はん、ハンググライダー搭乗等)を行っている間のその運動のための用具およびウィンドサーフィン、サーフィン等の運動を行うための用具、◇クリーニング、一時荷物預かりおよび修理等のため有償で業者に委託した物 など

  • 「時価」とは同等なものを新たに購入するのに必要な金額から、使用や経過年月による消耗分を差し引いて現在の価値として算出した金額をいいます。
  • 旅券の損害については、1回の事故につき5万円を限度として、発給費用(宿泊費・交通費等を含みます。)をお支払いします。
  • 自動車・原動機付自転車の運転免許証の損害については、国または都道府県に納付した再発給手数料をお支払いします。
  • 故意または重大な過失
  • 戦争、その他の変乱(テロ行為を除きます。)、核燃料物質等
  • 差し押さえ、没収
  • 無資格運転、酒気を帯びた状態での運転または麻薬等により正常な運転ができないおそれがある状態での運転による損害
  • 保険の対象の欠陥あるいは自然の消耗、性質によるさび・かび・変色・蒸発、ねずみ食い、虫食い等または汚損・すり傷等機能に支障をきたさない外観の損害
  • 詐欺または横領
  • 置き忘れまたは紛失
  • 偶然な外来の事故に直接起因しない電気的事故または機械的事故
  • 保険の対象に対する修理、調整、清掃等の作業上の過失または技術の拙劣
  • 国等の公権力の行使。ただし、火災消防あるいは避難処置による場合や、空港等における安全確認検査等において手荷物にかけていた錠が壊された場合を除きます。
  • 楽器の音色または音質の変化
  • ガラス器具、美術品の破損(火災・盗難等の事故の結果として生じた場合を除きます。

など