海外旅行保険・留学保険の損保ジャパン日本興亜代理店 株式会社保険アドバイザー

<保険代理店> 株式会社保険アドバイザー

多彩なプランで納得の保険料!

損保ジャパン日本興亜がおすすめする【off!(オフ)】の「おすすめパッケージプラン」と、ご自身で補償内容を自由に選べる自由設計の「オーダーメイドプラン」をご用意しました。

おすすめパッケージプラン

海外旅行での万が一に備えて、保険には加入しておきたいものです。しかし、どの程度の補償が必要なのか、悩んでしまうお客さまが多くいらっしゃいます。そこで、損保ジャパン日本興亜がおすすめする補償を組み合わせ、3つのパッケージタイプをご用意しました。

シンプルな「PAタイプ」、ケガや病気に手厚い「PBタイプ」、充実補償の「PCタイプ」の3タイプの「おすすめタイプ」からお客さまのご希望に合わせて選ぶことができます。

3タイプの補償内容の比較

ご契約タイプ シンプルな
PAタイプ
ケガや病気に手厚い
PBタイプ
充実補償の
PCタイプ
治療費用 1,000万円 2,000万円 2,000万円
傷害死亡・後遺障害 1,000万円 2,000万円 3,000万円
疾病死亡 1,000万円 2,000万円 3,000万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円
携行品損害 30万円 30万円 50万円
救援者費用 1,000万円 2,000万円 2,000万円
航空機
寄託手荷物
遅延等費用
10万円 10万円 10万円

ハワイ7日間の保険料例

ご契約タイプ シンプルな
PAタイプ
ケガや病気に手厚い
PBタイプ
充実補償の
PCタイプ
ハワイ7日間の場合 2,840円 3,260円 4,070円

下記のいずれかに当てはまる場合、ご契約いただける傷害死亡・後遺障害保険金額および疾病死亡保険金額は 他の保険契約などとあわせて1,000万円が上限となります。

オーダーメイドプラン

自分に必要な補償を選べる、オーダーメイドプランをご用意。

ケガをした場合などの治療費だけを補償できたり、クレジットカードの補償内容に、足りない補償だけをプラスすることも可能です!

クレジットカード自動付帯の保険に【off!(オフ)】の補償を上乗せすることなどのオリジナルのプランも選択可能です。カード付帯ではあまり補償されない「疾病死亡補償」・「航空機寄託手荷物遅延費用」を選択し、カード付帯の補償では免責金額(自己負担額)のある携品補償を厚めにすることもできます。

詳しくは、ご加入のクレジットカードにセットされている海外旅行保険の補償内容をご確認ください。

自由に選択可能なオプションであなただけのオーダーメイドプランを!

自由な保険設計が可能!

「治療費用を厚くしたい」「クレジットカードの補償だけではちょっと不安」といった声にお応えし、必要な補償を選ぶことが可能です!

基本補償 オプション
治療費用 傷害死亡・
後遺障害
疾病死亡 賠償責任
携行品損害 救援者費用 航空機
寄託手荷物
遅延等費用
お持ちのクレジットカードの補償をさらに手厚くすることもできます!

オーダーメイドプランなら、クレジットカードに付いている各補償をさらに手厚くしたり、補償されていないものを付け加えたりすることができます。

補償内容 クレジットカードの補償 【off!(オフ)】の補償で
プラス!
補償の合計
治療費用 なし +1,000万円 1,000万円
傷害死亡・後遺障害 300万円 +500万円 800万円
疾病死亡 なし +500万円 500万円
携行品損害 50万円
(自己負担額3,000円)
+50万円 100万円
航空機
寄託手荷物
遅延等費用
なし +10万円 10万円

海外旅行保険がセットされたクレジットカードを複数お持ちの場合、傷害死亡・後遺障害の補償額は、各クレジットカード の補償額の合計ではなく、最も高い補償額が限度となります。
詳しくは、ご加入のクレジットカードにセットされている海外旅行保険の補償内容をご確認ください。

モデルプラン1

クレジットカードにセットされた保険に【off!(オフ)】の補償を追加して、充実補償プランに!

「治療費が足りるかどうか不安」「病気で死亡した場合の補償もつけたい」「飛行機に預ける手荷物が遅れた場合の補償がほしい」「自己負担額の設定がある持ち物の損害補償を手厚くしたい」など、クレジットカードにセットされた保険だけでは足りない補償を【off!(オフ)】で選択した例です。

補償内容 クレジットカードの補償 【off!(オフ)】の補償で
プラス!
補償の合計
治療費用 なし +1,000万円 1,000万円
傷害死亡・後遺障害 500万円 +500万円 1,000万円
疾病死亡 なし +500万円 500万円
賠償責任 1,000万円 0円 1,000万円
携行品損害 20万円
(自己負担額3,000円)
+50万円 70万円
救援者費用 200万円 0円 200万円
航空機
寄託手荷物
遅延等費用
なし +10万円 10万円

海外旅行保険がセットされたクレジットカードを複数お持ちの場合、傷害死亡・後遺障害の補償額は、各クレジットカードの補償額の合計ではなく、最も高い補償額が限度となります。
詳しくは、ご加入のクレジットカードにセットされている海外旅行保険の補償内容をご確認ください。

上記補償の場合の保険料例 ハワイ7日間 2,960円

下記のいずれかに当てはまる場合、ご契約いただける傷害死亡・後遺障害保険金額および疾病死亡保険金額は他の保険契約などとあわせてそれぞれ1,000万円が上限となります。

モデルプラン2

一番心配なのは海外での治療費とトラブル!

「治療費用と賠償責任だけを補償してくれればよい」という場合の、補償内容を必要最低限に抑えた例です。

補償内容 【off!(オフ)】の補償
治療費用 500万円
傷害死亡・後遺障害 0万円
疾病死亡 0万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害 0万円
救援者費用 0万円
航空機
寄託手荷物
遅延等費用
0万円

上記補償の場合の保険料例 ハワイ7日間 1,380円

下記のいずれかに当てはまる場合、ご契約いただける傷害死亡・後遺障害保険金額および疾病死亡保険金額は他の保険契約などとあわせてそれぞれ1,000万円が上限となります。